スポーツ自転車(ロードバイク・クロスバイク・MTB)専門通販|大阪|サイクルショップカンザキ上新庄店

初めてスポーツバイクをご購入の方へ


必要なもの

必須品 ペダル
基本的にロードバイクにはペダルが付属していません。
専用ポンプ
スポーツバイクには、ママチャリと同じ空気入れが使えません。理由はバルブの形状が違うから。普通の自転車は英式バルブですが、スポーツバイクには仏式バルブが使われています。これはタイヤの空気圧管理が関係しています。なので空気圧計のついた専用ポンプが必要なのです。
(※ 街乗り向に作られたクロスバイクには英式バルブが使われているものもあります。)
あると安心 スタンド
基本的にロードバイクにはスタンドが付属していません。
通勤・通学など、街乗りをメインにするなら付けることをオススメします。(※ カーボンフレームには付けられません。)
ライト
夜間の走行は大変危険です。自分の身を守るためにもライトをつけましょう。(※ 前後別売り)
カギ
スポーツバイクは大変高価です。大事な愛車を守りましょう。
ヘルメット
あなたの命を守るものです。しっかり被りましょう。
できると便利 パンク修理キット・携帯ポンプ
出先でパンクした場合、とりあえず家や自転車屋さんまでの応急処置だけでもできると便利です。
アーレンキー(六角レンチ)
サドルの高さや位置、角度など、各所の調整に必要な工具です。
あると楽しい サイクルコンピューター
走行速度やケイデンス(ペダル回転数)が表示されます。数値データとして目に見えると走るのが楽しくなりますね。
ボトル・ケージ
ロングライドの必需品。水分補給はしっかりしましょう。
このページのトップに戻る

スポーツバイクの選び方

■自転車の価格で選ぶ

まず問題になるのが【予算】だと思います。
初めてロードバイクを購入される方には、150,000円前後の自転車をオススメしています。この価格帯は、エントリーモデルとして各ブランド豊富なモデル展開をしているので、選択の幅が広がります。
(※ 上記『必要なもの』を最低限そろえると、15,000円~20,000円ほどかかります。ご予算設定の際はご注意ください。)

■フレームの素材で選ぶ

自転車フレームの素材にはいろいろな種類があります。
その中でも主な素材である【アルミ】【クロモリ】【カーボン】の3つについて簡単にご紹介します。
素材 メリット デメリット
アルミ ・安い(コスパが良い)
・錆びにくい
・衝撃吸収率が低い
クロモリ ・とにかく丈夫
・適度にしなり、疲れにくい
・錆びやすい
カーボン ・軽い
・衝撃吸収率が高い
・金属ではないので錆びない
・とても高価
・傷に弱く割れやすい

上記予算にあてはめますと、選択肢はほぼ【アルミ】【クロモリ】に絞られます。
安い【カーボン】もありますが、質が値段通りということもあります。
また、扱いが難しい素材ですので、初めての方にはあまりオススメしていません。

■使用目的で選ぶ

とは言っても最初は、なんとなく「始めてみようかな?」「通勤・通学にどうかな?」などの理由からだと思います。
乗り始めて楽しくなってきたら、おのずとやりたいことは増えるものです。
なので、初めてのバイクは【オールラウンド】なものをオススメします。
ご相談いただければご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

■メインコンポから選ぶ

コンポーネントとは!と、説明しても、本当に初めての方は全然わからないと思います。これについては、知識はあっても実際に乗ってこそ違いが分かってくるものです。なので、最初は深く考えなくても良いのでは無いでしょうか。
オススメの価格帯だと、【SHIMANO SORA(ソラ)】【SHIMANO TIAGRA(ティアグラ)】搭載のモデルが多いです。
のちのちアップグレードをお考えの方やレース出場をお考えの方は、【SHIMANO 105(イチマルゴ)】も視野に入れると良いかと思います。

■見た目で選ぶ

記念すべき最初の一台です!
何を差し置いても「これだ!」と気に入った見た目で決めても良いと思います!
ぜひ、かっこよくて素敵な自分の相棒を選んであげてください!
このページのトップに戻る

▲ ページの先頭へ戻る